くだらないアイデアをどんどん出すのがコツ。

アイデアを出すコツは、一見くだらないと思えるようなアイデアでもどんどん出すことです。

その時、絶対にためらってはいけませんw

「これ使えるかなー」とか、
「他の人が見たらどう思うかなー」とか考えるのはNGです。

思い付いたら、すぐに出すくらいの反射神経で。

良いアイデアを一発で出そうとしても、なかなか上手く行かないものです。

私たちは天才ではないのですから。

むしろ天才たちこそ、無数のアイデアを出し、その一つを選択しているに過ぎないのかも。

裏には膨大な試行錯誤があると思います。

我々はその過程ではなく、結果だけ見ているので、

「あの人は、すぐに凄いことを思いつく天才だ!」と感じているだけなのかも。

だからこそ、我々凡人は沢山アイデアを出すことが必要なのです。

一つだけ良いアイデアを出そうとすると、プレッシャーになり、なかなか出ないものです。

くだらない、しょぼいと思えるアイデアでも、どんどん出しましょう。

そして思い付いたら、すぐ紙に書きましょう。

走り書きのメモ程度でかまいませんよ。

どちらかというとスピード重視です。

100個程度なら、本当にくだらないアイデアだけかもしれませんがw、

それが数百個、数千個となると、

その中にはキラリと光るアイデアが含まれているかも知れません。

いやきっと含まれています!

もし1万個もアイデアを出す覚悟なら、

その途中に必ず素晴らしいものが含まれているでしょう。

また出たアイデアは自分自身で可否を判断しないで、他者に見てもらうと良いかも。

頭の中をのぞかれるようで恥ずかしいものですが。

自分では思い付かないようなアイデアの活かし方や、さらに発展させるヒントが見つかるメリットがあります。

スポンサードリンク

スポンサードリンク






アイデア・企画の出し方入門講座 TOPへ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。