思い付いたアイデアを売るには?

アイデアを売ってお金に換えるにはどうしたらよいのか?

せっかく思い付いたアイデアですから、できればお金にしたいですよね。

方法はいろいろ考えられます。

思い付いたアイデアで商品を作り、販売するために起業する道もあります。

副業ができない会社員の人なら、アイデアを会社での仕事に活かすのが近道でしょう。

アイデアが必要なのは、企画、研究、商品開発の部署だけではありません。

営業なら集客、事務職でも作業効率アップになるアイデアなら喜ばれます。

戦略として社内起業をすすめている会社もあるし、サラリーマンにもチャンスはあります。

主婦でも商品アイデアを募集している企業に持ち込み、
売れたらロイヤリティをもらう方法があります。

今ならスマートフォンアプリのアイデアも良いでしょう。

iPhoneやiPhone用の面白いゲームや、お役立ちアプリができれば、ヒットするかも。

小説のストーリー、漫画など芸術的なアイデアなら、本にして出版する道があるでしょう。

書籍の場合は、著者に印税が入ってきます。

出版社との話し合い次第ですが、本の印税は5%~10%くらいです。

発行部数次第ですが、大金も夢ではないかもw

料理、ダイエット、片付けなど、企画次第では面白い。

もし出版社に断られたとしても、作品に自信があるなら、自ら電子書籍で公開することも簡単にできます。

そのほうが著者の取り分である印税は70%と高いし。

また、Webサイトで使えるようなアイデアなら、いくらでも展開できます。

目新しいWebサービスなどが出来れば、たくさんアクセスが期待できるし、

人がたくさん集まれば、キャッシュポイントを作るのは、それほど難しくないはずです。

アイデアを思いついても、実行まで達する人はごくわずかです。

あなたが思い付いたアイデアの内、1%でも実現できれば、人生がかわるかも知れませんよ。

スポンサードリンク

スポンサードリンク






アイデア・企画の出し方入門講座 TOPへ