アイデアを出すためのキーワードは、単なるキッカケです。

アイデアや企画を出すためには、キーワードの組み合わせが効果的です。

キーワードを組み合わせると、アイデアが無限に出てきます。

でもキーワードは、単なるキッカケだと考えてください。

必ずしもキーワードを含めたアイデアである必要はありません。

なぜなら脳は、キーワードをキッカケにアイデアを閃きますが、そのキーワードと関連のあるアイデアだけではないからです。

例えば、「パソコン」というキーワードで、「旅行」のアイデアを思い付いてもOKです。

世の中というのは、一見無関係なようで、実は結構つながっています。

芸人であるサバンナ八木さんのネタ「パナキ」ではないですが(笑)、無理やりなら、世の中は何事も関連付けられます。

宇宙開発やノーベル賞級の研究だって、私達の身近なところで役立てられているくらいですから。

最近では、宇宙飛行士用の下着が、消臭下着として、加齢臭や介護、スポーツ分野でも役立っています。

また蛍光タンパク質は、医療分野はもちろん、かなり応用範囲の広い研究です。

逆に身近なものが宇宙へ行っていたり、町工場が宇宙産業を支えていたりします。

世の中は、あらゆるところでつながっています。

話を元に戻しますが、

大事なのはスーパーコンピューターであるあなたの脳が閃く(ひらめく)ことです。

だから閃くキッカケになるキーワードなら、何でもよいのです。

もっとシンプルに考えてください。

「くだらないかな?」と脳にブレーキをかけてはいけません。

あなたの脳が思い付いたアイデアは、すべて歓迎しましょう。

高校野球 + お菓子 = 日本全国スイーツ巡りの旅

なんてアイデアでもOKです。

一見、関係無さそうですよね?

でも無理やりなら、甲子園球児は、全国から集まるから、お菓子と組み合わせて、「全国のスイーツを食べ歩くツアーもありかな」と関連付けられます。

春と夏の年2回、都道府県の代表的なスイーツを食べ較べて、トーナメント戦で、優勝を決めても面白いかも。

春夏連覇!とか。

キーワードにこだわる必要は無いのです。

くだらないアイデアでも、たくさん閃くことが大事です。

たくさん出したアイデアの中には、もしかしたらキラッと光る、使えるものがあるかも知れません。

スポンサードリンク

スポンサードリンク






アイデア・企画の出し方入門講座 TOPへ